マッサージは強い方がいいって本当?実体験から話します!

ども!ほぐされソムリエmasaです。

 

本日は、マッサージは強い方がいい?について。

 

結論から先に言うと、これは嘘です。

 

マッサージは強いと、かえって身体に悪いです。

 

私はそう思います。

 

マッサージに通っているけど楽にならない、、そのような人のお役に立てればと思います。

マッサージは強い方がいいって本当?

以前のブログにも書きましたが、私は強いマッサージが大好きでした。

 

「強い」=「刺激がある」=「効く」

 

こう考えてました。

 

これが「間違え」と気づいたのは、3年前です。

 

それまで、身体に悪いことをしてたなと反省しています。

 

というのも、こんな経験があったから。

「マッサージは強い方がいい」と日本橋の店長

当時、私はホットペッパーの広告営業をしていました。

 

担当してたお客様は、リラクゼーションやマッサージ関連の30店舗ほど。

 

その頃からマッサージが好きだったので、趣味と実益があり仕事は楽しかった。

 

というのも、「今日はマッサージを受けて行きなよ」とか言われることがあり、無料でやってもらうことがあったから。

 

そんなある日、当時担当してた日本橋の店長に声を掛けてもらい、マッサージをしてもらうことに。

 

その店長は、最初は硬いねと言いながら強めに押してくれてたんだけど、途中から肘でゴリゴリ。

 

当時、私は強いマッサージが大好きだったので、痛いけど気持ち良い!なんて思い、受けてました。

 

その店長が言うには、

 

「masaさんの身体はガチガチだから強く押さないとダメ、揉み返しは治る兆候」と。

 

やっぱりそうなのね!と思い、感謝を述べつつ帰りました。

 

案の定、次の日は揉み返しがありジンジン痛い。

 

これは「治る前兆」と思って、2.3日間我慢しました。

 

その時は、身体に良いことをしている!強いマッサージが身体に良いと思ってたんですね。

 

そんなことを繰り返してた40代前半でした。

 

マッサージは強い方がいいというウソ

ただし、当時から疑問に思ってたことが、

 

「揉み返しが終わったら、元通りの辛い状態になってた」こと。

 

私は、強いマッサージのことを調べることなかったので、「繰り返せば良くなるんじゃない」くらいに思ってました。

 

しかし、それは大きな間違えでした!

 

それが分かったのは、それから数年後にマッサージ店の経営に携わった時。

 

経験豊富な施術者が多いお店で、マッサージレポートをするのに全員のマッサージを受けました。

 

その時に言われたのが、

 

「masaさんの背中はヤバイですよ・・・」

 

これ、半分くらいの施術者に忠告されました。

 

そこで厄介なのが、当の本人に自覚がないこと。

 

つまり、普通に押されても何も感じない状態だったんです。

 

日本橋の店長に言われてから、強い刺激を求めるようなマッサージばかりをしてきた結果、ガッチガチの背中になっちゃったってこと。

 

身体に良いと思ってたことが、身体に悪いことをしてた。

 

冷静に考えたら、こんなサイクルでした。

 

「強いマッサージ」→「揉み返し(傷付く)」→「痛みが無くなる(部分が硬くなる)」→「辛さが戻る(血行が悪くなる)」→「強いマッサージ」

 

傷付けて血行が悪くなる状態を作るループに入ってた。

 

このサイクルで誰が得するか?っていうと、お客じゃなくお店。

 

お客はお金を使って身体に悪いことをしてて、お店はサイクルを早めるよう強く押す。

 

だから、ヘビーユーザーは週に3.4回マッサージを受けるんですよね。

 

間違った痛みを求めて。。

 

当時は、売上だけに注目してましたから、強い押しができる施術者を入れると儲かる!って考えていました。

 

でも、これだと施術者が可愛そうなんですよね。。

 

ということで、今は強いマッサージが大嫌いになっています。

 

 

はっきり言います!

 

強いマッサージが好きな人は、すぐにやめた方が良い。

 

そんな人が、指名をしてる施術者がいたら、スグに離れた方が良い。

 

良いサイクルは、

 

「マッサージに行く」→「身体が楽になる」→「無理をする前にマッサージ」→「健康な身体を目指す」

 

こんな指導をしてくれる施術者がおすすめ。

 

探してみて下さいね。