ほぐしでこんな間違いしてませんか?

お客様のいいなり施術

最近、いくつかのコンサルをしていて気づくことがあります。

 

それは
「お客様のいいなりで施術をする人が多い」

 

営業するお店としては正解だと思うのですが、いち施術者としてはどうなの?って聞きたい施術者が多い。

 

例えば、こんなお客さん

「首だけマックス押して欲しい」

「腰だけ押してくれれば良いかから」

「足が苦手なので上半身だけガッツリ」

 

こんなお客さんに、あなたはどのように対応をしていますか?

 

私が聞く多くの施術者さんは、言うがままに施術を行っています。
そして、ある施術者さんがお客様が帰った後に話したことは、

 

「まいったな、あのお客さん少し身体がおかしくなってるんだよ・・・」

 

これって、間違っていると思いません?

ほぐしは癒しを提供するものじゃない

私は、ほぐしの施術者やセラピストさんは治療家とは違い「癒し」を提供するものだと思っています。そして、治療するのではなく異常のない身体へ導いてあげる人だと。

 

もし、上記のようなリクエストがあった場合に、そのままやっている方は「マシーン」とかわらないかと思う。

 

ボタン一つでいうことを聞くマシーン(ロボット)

 

ロボットは代えができます。そのロボットを気に入っている間は来店しますが、更にいうことの聞く新しいロボットを見つけたら、そちらに行ってしまいます。

 

 

このような施術を続けていると、リピート率の高いお店を持つのは難しくなります。

 

リピートさえるにも、いろんな方法がります。

 

お客様のいいなりで指名やリピートを獲得しても、独立してから苦しむのは目に見えている。今から、施術に対する取り組みを変えてみてはどうでしょう?

 

自分のお店、理想のお客さん。やはり、ここを目指さないと独立しても面白くないと思いませんか?

 

理想なお店を持ちたい施術者さんを応援しています!

 

 

私のプロフィールはこちら

 

コンサルに関してはお気軽にご相談ください。

↓ ↓ ↓ ↓

お店立ち上げで苦戦している方の問い合わせ