「先生」という言葉はマッサージ師をダメにする

とても不思議な言葉

 

「先生」

 

私は、この言葉を注意して使うようにしています。というのも、この言葉を使われている人の多くが勘違いをする人に多く出会ったから。

 

そして、勘違いする人ほど魅力を感じなくなっていくからです。

先生と呼ばれる職業は、政治家、弁護士、歯医者、コンサルティング、学校や塾の講師、そしてマッサージ師やセラピストなど。

 

ただし、誤解が生まれないように先に書きますが、全てではありません。先生と言われてても魅力ある人が多くいました。尊敬もでき、この人だったら任せることができると信用できる人を何人も見てきました。

 

でも、どうしようもない人も多くいました。

 

そして、特に感じたのが男性に多いということ。

 

私の場合、サラリーマン時代は役職などで言われるのも嫌でしたし、家庭教師をしている時も先生とか言われるのも大嫌いでした。「○○さん」と呼んでくれと伝えてました。

 

別に尊敬されるものでもないし、人それぞれ素晴らしい部分があると思うので、私にとっては先生と言われるのが気持ち悪かったというのが正直なところでした。

 

ただし、どうしようもない人は勘違いをしているケースがほとんどでした。何様のつもり?と思ってしまうような人です。

 

たしかに、職業柄で自信は必要です。でも、勘違いをしてはいけないと思う。

 

政治家は周りに選ばれた代表の人。
弁護士は法律で人を守る人。
歯医者は医療技術で歯を治す人。
コンサルティングは経験で人を導いてあげる人。

そして、マッサージ師は、身体の調子を整えてあげる人。

 

このように考える人とお仕事をしたいと思っています。

 

そして、このように考えるマッサージ師やセラピストさんに、多くの人の体の調子を整えて欲しいと思っています。
私は、そんなお手伝いをしていきます。

 

余計なお世話かもしれませんが、「先生」と呼ばれている施術者さん。お気を付け下さい。

 

【今日のまとめ】

・「先生」という言葉は勘違いをうむことがある

・自信と勘違いを間違えなようにしましょう

 

~マッサージ雅のつぶやき~
勘違いしてる女性施術者は少ないかも。今までは95%男性施術者かな。先生という考え方にも違いがあるので、この考えも一部のケースになるとは思いますが。

 

 

先生が出てくる漫画で一番好きなのこれ。