指名をもらえる施術者に共通していることpart3

前々回、前回と「指名もらえる施術者に共通していること」について書いてきました。

多くの施術者が勘違いしがちなことが、そこには隠されています。既に気づいた方も多いとは思いますが、その部分に気づかない施術が多いのも現実です。

 

聞く事ができる施術者には、私は伝えるようにしていますが、聞けない状態の施術者は残念ですが、気づく迄待つようにしています。きっと、その施術者にとっては「おおきなお世話」としか思えないだろうから。この業界は、そちら方面に行きがちな人が多いので、こちらのブログをお読みの施術者はご注意下さい。

 

さて、本日は人気施術者の共通点の技術部分に関して書こうと思います。ここは、かなり大切な部分になりますので、できるだけ分かりやすく書こうと思います。

画像:http://xn--n8jd2a3b0kzdwb9584f9mng9jui9a.xyz/
画像:http://xn--n8jd2a3b0kzdwb9584f9mng9jui9a.xyz/

施術で重要なのが押すポイント。これは学校へ通ったり、またはツボの本を購入すれば、覚えれると思います。一つ一つのツボが何処に効くか、人の身体を触る限りは、最低限覚えておくべきことになります。

 

その最低限のことを覚えて上で、
人気施術者は

 

強さのバランスが良い」

 

身体の各部位における、圧の強さのバランスがとても良い。それは、強ければ良いという事ではありません。

 

お客様に「もっと強く押して」と言われると、その要望に応える為に、できる限り強く入れる施術者を何人も見てきました。それが、お客様の身体に良くないと思っていても。

 

お客様の言いなりマシーンとなっている施術者。

 

そのような人の中には、強く押せる=技術が高いと思っている方も何人かいました。

とても残念です。

 

強く押すことは、お客様の身体に良くないことをしていると知っているのに、要望のままに強く押してしまう。
その結果、最終的にはお客様からの評価が落ちてしまう。

 

強く押すだけの施術者は、継続的にリピートが良いはずがありません。

 

それとは逆に、お客様から信頼される施術者は、お客様の身体を誰よりも知っていて、身体が良くなる為に適切な強さでマッサージをします。

 

時には強く入れる部分もありますが、周りとのバランスを考えて行います。

 

「超強押しに対応できる」と言う施術者ほど、指名の数は少ない。

「超強押しは苦手ですが・・」という施術者ほど、指名の数が多い。

 

お客様の指名を頂くには、強さのバランスが重要になります。

 

 

 

【今日のまとめ】
指名が多い施術者は

1.強さのバランスを考えている
2.全てお客様の言いなりになる訳ではない
3.強押しはできるが積極的にやろうとしてない

 

 

50回以上のリピート客を作る。

そんな施術者が一人でも多く生まれて欲しいです。

 

〜マッサージ雅のつぶやき〜
マッサージを受ける側って、意外と施術者の真剣度が分かったりするものです。この施術者なら身体を任せても良い、と思う瞬間があります。もちろん、逆もあります、というかそっちの方が多いかな。苦笑

 

個別コンサルに興味ある方はお気軽に♪