神楽坂駅近くのコンビニのアホ対応

 今日はどうでも良いと言われればそれまでで終わる話。コンビニエンスの対応について書こうかと思う。

わがままと言われるかもしれないが、私はコンビニでも気持ちよく買い物をしたい派である。なので、一番近所であるコンビニには良い対応をお願いしたいと思っています。ただ、どうしても許せない対応だと50メートル遠いコンビニに変えてまで、対応の悪いコンビニにはいかないようになる。それが最近起きた。

 私が住んでいるのは東西線の神楽坂駅近く、そこにある○ブン○レブンの店舗で気分をそこねる対応が3回続いたので、しばらく使わないと思ってます。

 その気分を損ねた一回目の対応は、会計するときに順番が飛ばされたこと。

最近のコンビニには多いのだが、並ぶ位置が決まっているところがある。そこから順番にレジレジ会計するのだが、東西線神楽坂駅近くにある○ブン○レブンは、並ぶ場所が三ヶ所になっている。私が会計をしようと思った時に、入口近くの並ぶポイントで一人が並んでいたので、他の二箇所には誰もいなかったがその人の後ろに並ぶことにしました。だって、他の場所に並んでその人より先に会計するって悪いと思うから。ほどなくして前の人がレジに入ったのがムカつく始まり。その人が店員に質問をし始めた。もちろん会計とは別の話になってたようで長引き始めた頃に、私があえて並ばなかった他の二箇所に人が並び始めた。中央のレジが空いたので、私が行こかなと思ったら定員が後から並んだ人を誘導した。「なんだよ失敗した」と思いながらも、よくあることだなので仕方なく待っていると、その人の会計がスグに終わる。さて、私が行こうかなと思うとそのレジ定員は又もや違うレーンのお客を誘導する。「まじか!?」と思っていて少しイライラが出始めたが、ここも我慢。ちなみに、私の前で並んでいた人はまだ質問中。そして、このような時は続くもので、二人目のレジが終わったら三人目が並び店員が誘導。結局、私は素直に並んだおかげで三人レジを飛ばされたことに。そのなんにも考えてないレジ店員で会計した時、一言「お待たせしました」くらいあれば許せるのだが、その店員は業務処理のように普通に終わる。かなり頭に来たが、店員はそっけいない態度。「ダメだこいつ!」とアホはアホと思いながら買い物済ませて出てきたました。

 二回目、又もやレジ待ちでのアホ対応。深夜時間帯で店員は三人だけ。レジ打ちに一人だけ入っており、他の二人は品出し中、レジ待ちは3人いて私が3人目。一人が終わって前に一人だけになった時に、前の人がいろいろチケットやらの購入が始まる。これはかなり時間がかかりそうだから、レジの人が品出し中の人に声をかけて呼ぶのかな?と期待していたが、その太ったレジ打ち店員は一向に呼ぼうとしない。いたって普通に説明をして、いたって普通に作業をしている。「ダメだこいつ!」と思っていたら、処理が終わった頃に品出し中の店員な気づいてレジに。っていうか、気づいた店員も遅いんだって!!もっと前にチェックできるだろうし、周りを見ろよ!て言いたくなるのを抑えて帰りました。

 決定的三回目、会計時のミス。キャンペーン中で値引き商品が書いてあり、広告にまんまとハマるタイプの私は、流れるままにその商品を手にとりレジへ。他の数品も一緒に購入したのですが、レジ打ちの時にキャンペーン中の値引きをする作業が見当たらない。レシートをもらって一旦外に出て確認をしたところ、やっぱり値引きがされてない。すかさず戻って、値引きがない伝えてみると。店員が言うには「キャンペーンの期間が終わって外すのを忘れてました・・・」だとよ。まずは謝ることからじゃないの?と思いつつも、ちゃんとした謝罪はなし。呆れて何も言いたくなかったので、そのまま出てきました。

 レジの順番がずれるのは仕方ないと思います。でも、ちゃんとレジ待ちを誘導するコンビニも存在するのも確かです。なあなあで進めると、気分を概して良くないイメージが進行したりしちゃいます。一消費者くらいどうでも良いって考えなんでしょうけどね、あそこの店長は。それと、最低限の接客はお願いしたい。間違ったものは、しっかり謝罪をする。それぐらいは社会が教えていあげないと、これからの日本が不安になります。

 まぁ、コンビニの店員だから仕方ないよと言われれば、それまでの話。でも、私はしばらく○ブン○レブン新宿神楽坂西店は使いません。FC店なのか本店なのか知りませんが、本部の方が指導してあげて下さい。近所のファミリーマートは気持ちよく買い物できますんでね!よろしくお願いします。


謝ることを学びましょう。

この映画は笑えた。