お客として「このお店なし!」と感じた瞬間

 マッサージ店の良いところ、悪いところを感じるのは人それぞれ違うと思います。サービスに対しの対価があっているかどうか?どこまで許せるか許せないか?広告営業で実店舗営業に関わるようになって、裏事情ではじめて知る事実などもあり、店舗運営の厳しさとは反面で、お客様として感じることをブログで伝えていけば、業界全体のレベルアップにつながると信じてます。

 「二度と行かない」と思ったお店の理由を書いていこうと思います。一度行ってから、二度目は行かなかったので実店舗名は明記しないようにします。現在は変わってるかもしれませんから。

 まず、二度と行かないと思ったのが池袋のJ店。当時、ホットペッパーやクーポンランドでかなり大きめに宣伝をしていたところ。広告内容からだとアロマを気持ち良さそうに受けていて、足浴なども花びらを浮かべて優雅な雰囲気。内装は南国を思わせるようなイメージで作られてました。料金も手頃価格で、試すには良いかな?と思えました。すかさず雑誌で予約。池袋駅から4分位の雑居ビルに入っていました。エレベーターを降りてお店のドアを開けてみると、「ギィーー」と軋む音と共に「チャリリーン」と大きめの鐘の音。スグ目の前からスタッフらしきおばさんが出てきて、「いらっしゃいませぇ」。。。発音が少し変、、日本人じゃない。

まぁ ここまでは今までもありました。とか言って腕が良かったりするんですよね。ただ、私としては全体で点数をつけるので、腕が良くてもよい点数は出ません。けど、二度と行かないとまでは思ったことはないです。コースなどの説明を受けながら、少し奥まった施術ルームへ案内されました。

 薄暗くて、何となく怪しい。。マッサージをしてすぐに帰ろうと着替えをした時、ツーンと異臭が。。。そうです、着替えからワキ臭の匂いが。

洗ってない。。。それもワキ臭の後。。。すかさず着替えの変えを要求。すぐに出してくれましたが、気分は落ち着一方。「こんな店あり??」と何度も頭の中でぐるぐる。施術が終わった時、スグに着替えをして帰ってきました。

 実は、この業界で着替えを何度か使い回しする店があるのは知ってました。度合いによって変えたり変えなかったり、または法則で決めてたり。。。

私は全てのお店にお願いしたい。「着替えは使い回ししないで!!使い回しするくらいなら裸で受ける!」

利益を追求するあまりに、細かい部分を削ることが利益を逃してしまう。短期的発想ではなく、お客様のリピートを真剣に考えることをお願いしたい。今でも着替えを使い回ししてると聞くことがあります。そのようなお店は早く潰れてしまえばよいのに。そう思ってしまいます。

「お客様を癒してあげる」を常に持っていて欲しい。