チップは人それぞれだけど。

チップは気持ちなので、人それぞれ考え方が違うと思う。あくまでも自分が思うチップ感を書くので、違うなどど突っ込みはなしでお願いします。

日本で暮らすとなじみのないチップ制は自分もいまだになれない部分が多い。

タイでチップを渡すケースは、ホテル、レストラン(飲み屋含む)、マッサージなど、気遣いに感謝する時ですが、ほとんどがホテル、レストラン(飲み屋含む)、マッサージかな。

チップは気持ちなので、人それぞれ考え方が違うと思う。あくまでも自分が思うチップ感を書くので、違うなどど突っ込みはなしでお願いします。

日本で暮らすとなじみのないチップ制は自分もいまだになれない部分が多い。

タイでチップを渡すケースは、ホテル、レストラン(飲み屋含む)、マッサージなど、気遣いに感謝する時ですが、ほとんどがホテル、レストラン(飲み屋含む)、マッサージかな。

ホテルでは荷物を運んでもらったり、ルームサービス、ベットメイキング。レストランでは最後の会計時にチップを含めて支払い、マッサージでは終了時に手渡しです。

問題は金額。これは気持ちなので正解はないが、自分が渡すざっくりとした金額。

ホテルの荷物運び・ルームサービス 20バーツ
ホテルのベットメイキング 20バーツ
レストランの会計 20~100バーツ(会計金額による)
飲み屋 100~200バーツ(気持ちよいサービスなら更に上乗せ)
タイ古式マッサージ 100バーツ

飲み屋とマッサージにはいろいろ種類がありますので、上記以外の支払いをするケースがあります。

それとタクシーは小銭(1~9バーツ)をもらいません。

チップにはいろいろな考え方があると思います。

自分は感謝の意味でチップを渡すようにしてます。日本では「ありがとう」で終わるけど、そのありがとうをお金に変える。あまり気前よくあげちゃうと、なめられることもあるので、感じたらあげることを習慣づけたいですね。