タイの滝で水遊び

海近くで育った自分。子供の頃は毎日、海に泳ぎにいきました。そんなんで小学校の時のあだ名は「くろんぼう」。これって、今でも当時でも使っちゃだめな単語だと思うのですが、子供って怖いもの知らずです。そんな自分も大人になり、相変わらず海が好きでサーフィン(知っている人も多いと思いますがタイでも楽しく波乗りできるんですよ)をしていたのですが、日焼けやシミを気にするようになり日焼け止めなどを塗ってお肌を気にするようになりました。だって、タイの紫外線半端ない。何度か火傷のようなものになり、反省をして日焼け止めを使用するようにいたりました。

基本、海が大好きでタイの海へ行くことが多いのですが、タイ人にとって海と同じくらい、いやもっと好きな場所である滝に自分は行ったことが無かったので、水遊び好きな自分としてはちょっと調べてみたくなりました。そうすると、心突き動かす滝が出てきました!近いうちに時間作って行きたいと思います。そんな滝が・・・

エラワンの第二の滝
エラワンの第二の滝

このエラワンの滝。

カンチャナブリーの北約60㎞にエラワン国立公園にある滝。国立公園なので入場料を取られるそうですが、タイ人は20Bで外国人は200B。まぁ仕方ないですが、10倍はちょっとやりすぎかな。でも、写真で見る限り行きたくなりません!?いくつかの滝が連なっているようなのですが、写真の第二の滝でひと泳ぎ、そしてぶらぶら散歩、またまたひと泳ぎ。そんなんで半日過ごしたいなぁ と。

そー言えばエラワンの滝と言えば、ちょっと前のニュースで「滝のある国立公園でビキニ姿で歩きまわる外国人旅行者が増えているとして、「タイの文化を尊重し、公共の場で行き過ぎた服装をしない」よう呼びかける方針」ってのあったのを思い出しました。国の文化を尊重してマナーはしっかり守りたいと思います。これ基本です。

そしてもうひとつ行きたいと思ったのが、クエン・シーナカリン国立公園内にある「パータートの滝」。

パータートの滝
パータートの滝

写真以上に雄大な滝だそうです。タイでは「すべらない滝」として有名。コケとかが無く岩肌でしっかり足を捕まえてくれるそうです。ここも行きたくなってます。試験合格とかのご利益あるかな・・・

他にもサイヨーク国立公園にある「サイヨーク・ノーイ滝」。ここは泳ぐのは厳しいみたいですが、見てみてたい滝のひとつ。

森林の中に出てくる滝って、心を洗われるような気持ちになり大好きな風景のひとつ。タイで滝遊びをするのも楽しいでしょうね。

 

 タイ語が通じると旅の面白さが倍増!