タイの日本系焼肉について思うこと

今年5月にバンコク・トンローに日本の有名焼肉店牛○さんの2号店がオープンしました。多くの日本外食企業がタイへ進出を果たしており、これから東南アジアのマーケットを見据えて先行投資で進出してきているのですが・・・そこで、ひとつものを申したい!!

「味を忘れないで欲しい!」

ここ数回は現地日本人との食事が多く、現地日本人が経営しているお店やら日本料理やらを多く食べる機会があったのですが、とても残念だったのが日本外食チェーンの不味さ。それも現地の味に合わせてる と言うのは全く感じられず、どこをどう間違えたらこんなに不味くなるのか!?と思えるような料理がたくさんありました。そんなひとつが焼肉屋さん。ただ、肉を焼くだけなんでしょうが、とにかく不味かったそして高かった。現地の人に聞いても焼肉で美味しいお店を探すのが大変と聞きます。その一つには美味しい牛肉がタイで入手するのは困難であるというがあります。日本では、牛肉>豚肉>鶏肉 みたいなランク付けをしているケースが多く見受けられますが(あくまでも私見ですけど)、タイでは、鶏肉=豚肉>牛肉 のようなランク付けになると思います。そんな中で焼肉店を運営することが困難なのは分かります が が ですよ!!!不味すぎる。

今回トンローにオープンした焼肉店の一号店(タニヤ)に二度ほど足を運びました。一回目は5月で、この時は「不味い」だけでした。そして二回目は9月で、この時は「不味い、これは終わるな」まで。もちろん、一回目より二回目の方がお客はいませんでした。

 

野菜だけが食べれた。。。
野菜だけが食べれた。。。

このようなケースは他の種類の食事にも言えることで、牛丼チェーン店も危ないと感じているのは自分だけでしょうか?だって本当に不味いもん。一回失敗したタイから撤退しているのだから、今回はがんばって欲しい!

焼肉と言えば韓国。でも、タイの韓国系焼肉店も美味しいところを探すのが難しいそうです。誰が美味しいと感じるのか?美味しいと思うから母国で流行ってい る訳ですから、その基本を外食産業さんには立ち戻って欲しい。タイにおいてそれを味を守る難しさは分かります。それを解決する方法も大手さんなら分かると思います。これからもタイにおける日本系外食産業を応援していきたいと思います。すっごく簡単だけどそ れができない。タイで行う事業の基本が必要なんですよね。

焼き塩ラーメンはそこそこの味でした。
焼き塩ラーメンはそこそこの味でした。

「味を忘れないで欲しい!」 そのためにやることやっていきましょうよ。日本系外食産業さん!お願いします。

 

タイで食事するにとっても便利な一冊です♪