2013年

2月

07日

パスポート紛失した時の為に

最近、タイ関係で仲良くなった友達と飲んでいる席で出た話。

「俺もタイでパスポートなくした・・・」

 

実は、その一年前に同じグループでパスポートをなくした事件があったのです。一年前のパスポート紛失事件は、彼は訪タイは既に100回以上にのぼり、タイで仕事を半年したこともあるタイベテランさん。その彼はいつもパスポートを持ち歩く人(法律上は必須)で、パタヤの飲み屋にいく時も持ち歩いていたそうです。ふと気づくと、パンツに入れていたパスポートが無いことに気づいたそうです。その後、飲み歩いたお店を探し回ったが出てくるはずもなく、運が悪いことに次の日に帰国予定だったので、エアを変更して帰国渡航書の発行に2日費やした。聞いた時は、仲間全員で彼のことを笑ってましたが、

今度は、笑っていた仲間のもう一人が紛失。

 

今回の彼はバックごとタクシーに置き忘れてしまったようで、その後、タクシー会社に電話したけど何の進展もなく、紛失を諦めて帰国渡航書の手続きに。

 

自分の身にも降りかかってくる可能性があるのではないか と思い、ちょっと整理しておきたくブログに書き留めておきます。発行手続きは以下のように・・・

続きを読む 0 コメント

2013年

1月

24日

タイで税金はしっかり納付しましょう。

今年に入ってタイ関連以外の仕事がバタバタと入ってきました。不景気だといわれてますが、私がかかわっている企業さんは好景気そのもの。どんな状況でも知恵と努力、そして少しの工夫で何とかなるんだと思います。

 

さて、本日は真面目にブログを書こうかと。真面目と言えば税金(これはちょっと無理やりかも・笑)でしょ。企業を起業すると、どうしても出てくる問題。税制に関しては、ある程度の知識を持って取り組まないと、後々とんでもないことになり得ますから注意が必要です。

そこで何度かに渡ってタイの税制について書いていきたいと思いますが、今日はタイで起業するなら必要な知識「法人税」について書きたいと思います。

 

1.法人所得税

インラック首相の公約通り、2012年から一律23%、2013年から一律20%に引き下げられました。また、払込済資本金500万バーツ以下、年間売上高3000万バーツ以下の零細企業については、税前利益のうち15万バーツを非課税、15万バーツ以上100万バーツを税率15%、100万バーツ以上は2012年が税率23%、2013年が20%となります。ちなみに、2015年以降の法人税率は未定になっております。

この引き下げが行われるまで、タイでの法人税は20年間以上一律30%であったので、インラック首相の英明なる判断は時代を見越しており多くの外国企業がタイにアジア拠点をつくる手助けになったと思われます。

また、近隣諸国の法人税を比較してみると。シンガポール17%、カンボジア20%、ベトナム25%、インドネシア25%、マレーシア25%、ラオス28%、ミャンマー30%、ブルネイ30%と比較しても、タイで会社設立する優位性が伺えます。

 

このタイ法人の決算は、日本と同じく各企業の定款に定められますが、多くの企業が決算期を年末(12月31日)にしてます。

会計年度が1月1日から12月31日の場合、中間決算日6月30日になり中間決算期限が2ヶ月以内の8月31日となります。この際には申告書と年間収支予想額を計算し、年間の予定納税額の50%を前納します。ちなみに設立初年度12ヶ月未満の場合と清算会社の場合で事業年度の期間が12ヶ月に満たない場合は中間申告の必要がありません。

また、決算申告期限は期末決算日12月31日より150日以内の5月31日が期限となります。ここの情報はあくまでも表面上なので、実際は公認会計士に相談するのがベストだと思います。

 

この記事を書いている時に税理士さんから連絡が入りました。自分も日本でしっかり申告しなければ。会計は信頼できる専門家に任せるのが一番です。

 

続きを読む 0 コメント

2012年

11月

24日

タイで会社設立するなら最低賃金はおさえないとね。

私、求人広告を10年以上やっておりました。求人広告の会社に働いていた頃は定期的に最低賃金表はチェックをしてお客様に資料など渡していたのですが、離れて10年以上になると全く見ることがなくなりました。給料とかもらっていても全く関係ない数字(低さ)だったのでしょう。多くの人は最低賃金を気にしない生活ではないでしょうか。でも、久しぶりにちょいと調べてみました。2012年は全国平均で12円引き上がった全国平均749円(10円以上の上がりは2年ぶり)だそうです。とは言っても、普通は全く気にしないくらい、日本の最低賃金水準は世界的に見てとても低い水準なのは変わらずで、政府が目標とする800円台(これも低すぎるような・・・)に到達してのは、東京、神奈川、大阪だけ。最低の652円は、高知、島根県。世界的基準にする為の1000円台までは、まだまだです。

 

さて、タイはどうかと言うと、タイ貢献党が公約にあげていた全国的に一律1日300バーツが2012年4月に一部(6県)導入され、2013年1月から全国で実施されます。タイの最低賃金の伸び率は高く、表にあるとおり、1989年はバンコクで76バーツだったのが2012年に300バーツと約4倍になりました。

資料:パーソネルコンサルタントマンパワータイランド株式会社様
資料:パーソネルコンサルタントマンパワータイランド株式会社様
続きを読む 0 コメント

2012年

11月

22日

タイの警察と日本の警察は全く違います。

日本の警察の優秀さは世界でも1.2を争うほどではないでしょうか。ニュースで不祥事などが出てますが、海外の警察に比べたらその比率の低いこと。また、その不祥事の小さいこと(大小はあまり関係ないと思っていますが例えで)。それに比べタイ警察の・・・ここは少し濁して。

先日もニュースで「バンコク警察は、警官人形「チューイ軍曹」10体にビデオカメラを装着したと発表した。交通違反の取り締まりや道路交通状況の監視用として、バンコク都内に配備する。」とくだらない事が。。人形につける必要あるのか???との疑問は置いといて、そんな警察でも犯罪者を取り締まるのですから、私達日本人も最新の注意が必要なわけです。そこで、揉め事になる事例を紹介します。

チューイ軍曹。。。
チューイ軍曹。。。
続きを読む 0 コメント

2012年

10月

27日

ローイクラトンと消防法

数年前に新宿で働いている頃に起こったビル火災。風俗店などが立ち並ぶ歌舞伎町で死者を出して多くの報道がされたのをよく覚えてます。その火災で被害に合われた方が風俗店にいたという事実からか、関心を持った方も多かったのではないでしょうか?その関心からか、いっせいに消防法によるビルチェックが入り、歌舞伎町では改築を余儀なくされたビルが多かったようです。私のお客様のビルも立ち入りで改修工事になりました。

 

タイのニュースをチェックしていると、火災の記事が多いことに驚きます。昨日のニュースでもスクムビット22で火災。ちなみに7月にここの近くに泊まってました自分。以前にも、プーケットハードロックカフェ火災に関しては書いたことがありますが(記事はこちら)、ひとつ間違えたら死につながるので、タイ滞在中は気を抜けません。再度、ちょっとタイの消防法について調べてみたのですが・・・

ロイクラトン(チェンマイ)
ロイクラトン(チェンマイ)
続きを読む 0 コメント