2015年

7月

07日

タイの牛肉

 前回の訪問タイでとても美味しい牛肉を食べました。タイイサーン料理屋台なのだが、現地でコックをやっている友人から紹介された料理。「まずは食べてみぃ!」と言われて食べたら、お肉の柔らかさ、脂の乗り具合が絶妙で、屋台で食べるには十分満足できるレベルでした。牛肉料理はこれ(単なる牛約肉ですけどね)

続きを読む 0 コメント

2015年

7月

06日

バンコクのコーヒーレベルは高いと思う

オンラインホテル予約サイト、ホテルズドットコム調べの世界28都市ホテルでの食事代料金比較「クラブサンドイッチ指数2.0」が発表をした。四つの項目をそれぞれみてみた。


「ハンバーガーセット」※以下抜粋国(28カ国中)

スイス・ジュネーブ4676円(1位)、ノルウェー・オスロ3857円(2位)、香港3782円(3位)、日本・東京2788円(11位)、タイ・バンコク1700円(25位)、コロンビア・ボゴタ1455円(28位)


「コーヒー」

韓国・ソウル1202円(1位)、日本・東京1051円(2位)、中国・北京950円(3位)、タイ・バンコク543円(13位)、コロンビア・ボゴタ194円(28位)


「ハウスワイン」

シンガポール1728円(1位)、韓国・ソウル1684円(2位)、フランス・パリ1585円(3位)、日本・東京1364円(12位)、タイ・バンコク1299円(13位)、スペイン・マドリード560円(28位)


「クラブサンドイッチ」

スイス・ジュネーブ3784円(1位)、フランス・パリ3017円(2位)、スウェーデン・ストックホルム2825円(3位)、日本・東京2316円(9位)、タイ・バンコク1348円(25位)、メキシコ・メキシコシティ1209円(28位)


「総合」

スイス・ジュネーブ10726円(1位)、フランス・パリ8982円(2位)、香港8825円(3位)、日本・東京752円(8位)、タイ・バンコク4890円(24位)、コロンビア・ボゴタ3720円(28位)


このデータだけみると、東アジアのコーヒーの高さは何なんだろう。日本ホテルで出しているコーヒーのクオリティに関しては、悪くはないが高くもない。そんなイメージを持っている自分。コーヒー豆だけ東南アジアは高いのだろうか・・・


続きを読む 0 コメント

2012年

12月

06日

とんかつ大好きにはたまらない@バンコクまい泉

昨日12月5日はバンコクにてタイ国王85歳の誕生式典が盛大にとり行われました。国王のイメージカラーである黄色のシャツを着た約13万人の国民で会場は埋め尽くされ、6年ぶりにロイヤルファミリーととものバルコニーに姿をお見せになり、多くの祝福を受けられたそうです。日本に住んでいると、この時期に訪タイをするのが厳しいもので一度も式典は見たことがないのですが、来年あたりは実現させてみたいと思ってます。

 

さて、タイ国一大イベントがあった今月のニュースに「とんかつのまい泉、外食S&Pとフランチャイズ展開」がありました。大のとんかつファンとしては、このニュースを軽く流すことができるはずはありません。あの、まい泉ですから!

続きを読む 0 コメント

2012年

11月

29日

タイでも楽しめる物産展はいいね

秋になると日本の百貨店でも頻繁に開催される物産展。自分も時間があったら行くのですが、地方の特産品を一同に見れるのは楽しい!試食もたくさんあって、片手にご飯をもって歩きたいくらい、デザートも充実しているので必ずお土産で買って帰ります。自分は見事に物産展戦略にはまるタイプの人間です・笑

 

実はタイの百貨店でもちょくちょく物産展は行われています。最近のニュースですと「29日~12月15日、バンコク都心の商業施設4カ所で「岐阜県フェアinタイ」を同時開催する。飛騨牛や美濃娘(いちご)、富有柿など県を代表する農産物や米粉食品、漬物、味噌などの加工食品を販売する。」というのが出てました。この4ヶ所は「サイアム・パラゴン」「エンポリアム」「ターミナル21」「Kビレッジ」。バンコクを代表するショッピングモールでの開催はスゴイの一言。日本で岐阜県フェアって行ったことない自分には面白いニュースでした。

続きを読む 0 コメント

2012年

11月

25日

日本にあったら嬉しいタイのフードコート

一人旅行がほとんどの私にとって大変なのが食事。タイに行き始めた頃はタイ語も全くわからず、屋台で食べても何が出てくるかわかないまま「えいっ!」と指差して注文してみて失敗したことが何度も。タイ語が分からない者には街中の食堂は敷居が高く感じられ(私だけかも)、仕方なく日本でもなじみのマックで食事をしたりするのですが、タイにまで来てマック・・・マックにもタイオリジナル商品があるので、それを注文して納得させていました。そんな寂しい食事をしていた時に偶然入ったMBKのフードコートが私のタイでの食事を変えてくれました。(ちょっと大げさかもしれませんが、私には激震でした)

 

タイのフードコートは日本のフードコートとは少し違い、前払いチケット制。フードコート入り口にクーポンと書いているところでチケットを買ってから、フードコート内のお店で注文をするシステム。チケットとICカード形式になっており、残った分は返金してもらえます。今ではタイの百貨店などには必ずと言っていいほどフードコートが入っており、前回のタイ旅行でもターミナル21とプラトゥーナムBigCのフードコートにはお世話になりました。そこで、今日は全くの私見でオススメのフードコートをご紹介したいと思います。

続きを読む 0 コメント