2015年

7月

10日

バンコクでタイ古式マッサージ(アジア ハーブ アソシエーション)

 少し前の記事でタイ古式マッサージ資格をワットポーで取ったと書きましたが、どちらかと言うとマッサージをするよりは受ける方が好きな私。訪タイの時は、毎日のようにタイ古式を受けに行きます。少し前まで気に入ってたのが、スリウォン通りにある有馬温泉。タイでタイ古式を受ける日本人のほとんどが知っているお店です。コースがいろいろあるのがとても良くって、フット&ネイルケアとかフット&耳掃除のコースをよく受けにいきます。二人で同時に行うので、少しリッチな気分になれたりします。個人的には一つ手前のキングスボディハウスもおすすめしたい。数十バーツですが有馬温泉より安かった覚えがあります。キングスボディアハウスではタイ古式を受けることが多いです。マッサージなので時々ハズレを引くこともありますが、私目線で基本、おばちゃんで太っていると上手である確率が高い。ちなみに若く細い子はハズレが多いですね。。。キングスで一度、2時間コース受けたのに1時間ちょっとだけやってもらい、残りは日本語教師になったことも。まぁ、自分としてはタイ語を話す練習にもなったので良いのですが、もちろんマッサージは下手で細くて若い子でした。

 マッサージ好きを自負している私ですが、ここ二三年は少し高め?設備が充実してたり口コミが良いお店を回るようにしています。前回の訪タイでも何件かタイ古式を受けに行きましたが、その中でもクオリティの高さを感じたのが「アシア ハーブ アソシエーション」さん。

続きを読む 0 コメント

2015年

7月

08日

タイ語の基礎は学校で学ぶべきかと

 外国語を学ぶ。そう思った人は多いのではないでしょうか?実は私も、海外旅行に行くたびに、語学を学ぼうと思っていました。今までに、学ぼうと思った語学は、英語、中国語、韓国語、インドネシア語、そしてタイ語でした。実際に学校に通ったのが、英語、インドネシア語、タイ語。英語は駅前留学を、インドネシア語は上智大学の講習を、タイ語は高田馬場にある泰日文化倶楽部に通いました。駅前留学は1年、講習は2週間でしたが、タイ語は現在も勉強中なので一番長く勉強をしてます。確か、2000年にはじめたと。途中で5年のブランクがあったので、合計10年近くは学校に通いながらタイ語の勉強をしています。まぁ 上達してるかどうか?は私の語学能力によるところもあるので置いといて、タイ語を学ぶことが生活の一部になっていることは確かです。

 そして、三年ほど前からタイ語教室の生徒集めに関してもお手伝いをするようになり、その前にはweb広告を都内で三店舗ほど担当をしてました。広告をお手伝いしていた当時は、多くの人がタイ語を学ぼうと学校を探し勉強に通っていた覚えがあります。そんな人たちが、ここ五年でかなり減ったような気がします。一つは自動翻訳機の発達があるのではないでしょうか?今回のタイ旅行中でも多く見かける光景で、スマホに日本を話しかけタイ語に自動変換をして見せて会話を進める。辞書などを引く手間が全くないので、楽に言葉を伝えることが可能になっていること。もう一つは、コミュニケーションの欠落が起きているのではないかと感じてます。webの発達により会話をしなくても伝達ができるようになり、わざわざ言葉で伝えるより文字で伝える楽な方を選んでいる。確かに、そう言う自分も電話よりラインやフェイスブックを選んで伝達をしています。私より若い世代は、その利便性をフル活用していると思います。とても便利な時代になることは良いことですが、便利な代償でコミュニケーション能力が欠如しはじめている。便利な代償として学ぼうとする意識が薄れはじめている。

続きを読む 0 コメント

2015年

7月

07日

タイの牛肉

 前回の訪問タイでとても美味しい牛肉を食べました。タイイサーン料理屋台なのだが、現地でコックをやっている友人から紹介された料理。「まずは食べてみぃ!」と言われて食べたら、お肉の柔らかさ、脂の乗り具合が絶妙で、屋台で食べるには十分満足できるレベルでした。牛肉料理はこれ(単なる牛約肉ですけどね)

続きを読む 0 コメント

2015年

7月

06日

バンコクのコーヒーレベルは高いと思う

オンラインホテル予約サイト、ホテルズドットコム調べの世界28都市ホテルでの食事代料金比較「クラブサンドイッチ指数2.0」が発表をした。四つの項目をそれぞれみてみた。


「ハンバーガーセット」※以下抜粋国(28カ国中)

スイス・ジュネーブ4676円(1位)、ノルウェー・オスロ3857円(2位)、香港3782円(3位)、日本・東京2788円(11位)、タイ・バンコク1700円(25位)、コロンビア・ボゴタ1455円(28位)


「コーヒー」

韓国・ソウル1202円(1位)、日本・東京1051円(2位)、中国・北京950円(3位)、タイ・バンコク543円(13位)、コロンビア・ボゴタ194円(28位)


「ハウスワイン」

シンガポール1728円(1位)、韓国・ソウル1684円(2位)、フランス・パリ1585円(3位)、日本・東京1364円(12位)、タイ・バンコク1299円(13位)、スペイン・マドリード560円(28位)


「クラブサンドイッチ」

スイス・ジュネーブ3784円(1位)、フランス・パリ3017円(2位)、スウェーデン・ストックホルム2825円(3位)、日本・東京2316円(9位)、タイ・バンコク1348円(25位)、メキシコ・メキシコシティ1209円(28位)


「総合」

スイス・ジュネーブ10726円(1位)、フランス・パリ8982円(2位)、香港8825円(3位)、日本・東京752円(8位)、タイ・バンコク4890円(24位)、コロンビア・ボゴタ3720円(28位)


このデータだけみると、東アジアのコーヒーの高さは何なんだろう。日本ホテルで出しているコーヒーのクオリティに関しては、悪くはないが高くもない。そんなイメージを持っている自分。コーヒー豆だけ東南アジアは高いのだろうか・・・


続きを読む 0 コメント

2015年

7月

04日

ワットポー学校 タイ古式を学びました part2

 昨日に引き続き、ワットポー校でタイ古式マッサージを学んだことについて書きます。その前に、分かりづらい学校へ行くのに曲がるポイント(お店)の写真があったので載せておきます。

続きを読む 0 コメント